あら塩に、椎茸・昆布・干帆立貝等を使い、独自の製法で旨みをつけた塩です。
紅彩塩の特別な味は、調味料以上のもの。
いつものお料理の味を、さらに引き立たせます。

「紅彩塩」は非常にマイルド。
市場で多く販売されている塩よりも、塩化ナトリウムが10%少ない89.5%に抑え、塩分を控えめにしたことで、素材そのものの味を引き立たせます。

日本食品分析センターの調べによると100g の「紅彩塩」に塩化ナトリウムは89.5g。それに対して、こんぶ等の旨味である遊離グルタミン酸がなんと6.50g。そして、しいたけ等の旨味である5'- グアニル酸も0.24g。さらに、かつお節等の旨味である5'- イノシン酸が0.27g。カリウム13.1mg、カルシウム34.6mg、マグネシウム4.8mg まで入っています。わかりやすく説明いたしますと、塩でありながら「紅彩塩」は塩化ナトリウムが約89.5%。旨味であるグルタミン酸が約6.5%も占めているのです。多くの塩は約98%が塩化ナトリウムと言われています。紅彩塩が如何に天然の旨味成分を多く含んでいるかがわかります。

徹底した手造りにこだわっております。
万が一売り切れの際にはご容赦下さいますようお願いいたします。

「紅彩塩」は8種類の味。
「紅彩塩」を変えるだけで、まるで別のお料理に。 溶かすだけでお吸い物になるなど、調味料以上の使い方もできます。 ぜひご家庭でいろんな味をお試し下さい。